CADの導入を成功させるには、その方法を知るべき


製図の書き方!どうすればいいの?

製図をするのにパソコンだけではありません。製図をするとき必要なもの、それはCADです。現在、ものを製造している多くの会社で使われているCAD。CADを利用するには、まず導入を成功させなければなりません。

CADとは、どのようなもの?

CADは「Computer Aided Design」の略語です。読み方は「キャド」と読みます。自動車、機械、建築などさまざまなモノづくりの現場で使われているソフトウェアのことです。現代ではモノづくりを行うにはCADは必須のアイテムです。

CAD導入の利点にはどんなことがある?

CADを導入する利点の1つは、効率化が図れる点です。パソコンを使って、デジタルデータで処理をするので修正が容易になる利点があります。利点はまだあります。利点2つ目はデータ共有ができることです。社内でも、社外でもビューワがあれば誰でも確認することができます。パソコンでどこでも誰でも確認できるのは、物理的な制限がないデータだからこそできる利点です。

手書き製図のメリットやデメリット

手書き製図のメリットは、初期費用がかからない点です。反対にデメリットは作業効率が落ちる点です。修正に消しゴムを使ったりと、時間がかかってしまいます。

CAD導入でおさえておきたいこと

電気CADは、簡単な操作で平面図を立体的に捉えることができ、工業用や家庭用の電気製品の設計や品質改善のために便利なツールとして定着しています。