建築分野や工業分野で大活躍!CADって一体どんなもの?


元来はコンピューターを用いた製品設計を意味する言葉

建築分野や工業分野をはじめとして様々な場で用いられている「CAD」は、Computer-aided designの略語です。日本語で「コンピューター支援設計」と訳されていることからもわかるように、CADは本来はコンピューターを用いて設計をすることそのものを意味する言葉ですが、時が経つとともに意味が拡大されていき、今日では製品の設計を可能にするためのコンピューターツールのこともCADと呼ばれることがあります。

また、CADはしばしばコンピューターを使用して製図を行うことを意味する言葉としても用いられます。この場合、CADを略さずに言うとComputer-aided draftingとなります。使用されている単語は異なりますが、今日ではほぼ同義として扱われることが多いです。

CAD導入の目的は設計作業と図面管理の効率向上

今日では非常に多くの企業がCADを導入していますが、その主な目的は設計作業と図面管理の両方の効率向上です。図面をつくる作業は非常に時間のかかるものですが、CADは手作業での製図と比べて、細かい部分まで詳細かつ正確に描画できること、図面の編集が容易であること、面積や寸法を手計算する手間が省けることなど多くの点で優れています。作成された図面はコンピューター内にデータとして保存されるため、過去に作成した図面をすぐに呼び出したり、再利用して他の構造物の製図に利用することも簡単に可能です。

また、手作業で製図を行う事務所だと、CADを導入することで図面を保管するスペースを確保する必要がなくなり、空いたスペースを他の目的に利用できるようにもなります。CADの導入と維持には多額のお金が必要となりますが、それに見合うメリットはたくさんあります。

水道CADとは、水道配管図制作に特化したCADです。無料のフリーソフトと有料のソフトの2種類があって、無料の方が導入しやすく有料の方が機能が充実しているという違いがあるため求める機能がついている方を選びます。