LED照明を導入するとこのようなメリットがある


発熱電球や蛍光灯よりも寿命が長い

家電量販店で販売されている照明器具において、照明装置にLEDが含まれている商品をよく見かけるようになりました。照明器具の中でも売上を伸ばしている、LED照明の最大の特徴としては、発熱電球や蛍光灯よりも、寿命が長い点です。具体的には、発熱電球が平均2,000時間、蛍光灯が約10,000時間なのに対し、LED照明はおおむね40,000時間となっています。LED照明は他の種類の照明器具と比較して値段は高くなりますが、交換までに要する時間も長いため、結果として、照明器具の交換費用を大きく抑えられます。

明るくなるまでの時間が短い

発熱電球や蛍光灯は、熱を帯びていく形で明るくするタイプとなっていますが、LEDの場合、発光の際には、熱に依存しない点が大きな特徴です。発光の原理自体が異なっている性質上、LED照明の方が発光時間を大きく短縮できるようになります。とりわけ、トイレや廊下といった、頻繁に照明を消す機会が多い場所においては、LED照明が大きく役立ちます。熱を使わずに発光するため、発熱電球や蛍光灯では困難だった、冷凍や冷蔵設備を有する部屋においても、問題なく使えるといった点も、大きな特徴です。

LED特有の光にも様々な特徴がある

LED照明は、光の3原色である、赤、青、緑を使って、多種多様な色を再現できる仕組みとなっています。発熱電球や蛍光灯の色は、大半のケースで白またはベージュがベースですが、LED照明の場合は、白系に加え、青系や赤系の色も使える等、カラーバリエーションが増します。さらに、多くの動植物にとって有害な赤外線や紫外線を放出しないため、食品の陳列や美術品等を展示する照明としても役に立ちます。

LEDライトパネルをできるだけ安く買いたいときには、通販サイトや店頭などで価格を比較することが大切です。